骨格タイプと全身バランスで考える夏の手元のおしゃれ①

皆さんこんにちは、Kyokoです。

About me
仕事に家事に忙しい女性達が、毎日ご機嫌にしなやかに過ごせる世の中を目指して、活動中!迷い多きアラサーである自分自身を実験台に、日々、ファッションや美容の情報発信をしています。
ICBI認定 骨格診断アナリスト。身長167㎝、骨格ナチュラルタイプ、パーソナルカラーサマーです
初めての方はこちらもどうぞ♡

夏は手元のおしゃれが気になる☆

半袖やノースリーブで腕の露出が増える夏は、手元のおしゃれが気になりますよね!

盛夏を前にした今、お店には色んなデザインや素材のバングルやブレスレットが並んでいます。

でも、自分に合うものはイマイチわからなかったりしませんか?

私自身、長年大きな手や太い指がコンプレックスで、手元のおしゃれはずーっと後回しにしてきました。嫌いな部分は目立たせたくない!と思っていまして。

だから自分に似合うものってよくわからなかったのですが、骨格診断を学んで、自分に合った手元のおしゃれがはっきりしました。この夏ちょっとずつ取り入れているのですが、コーディネートやスタイルアップの効果を実感しています(*’▽’)

ということで、今回からしばらくは、骨格タイプ(ストレートさん・ウェーブさん・ナチュラルさん)と全身バランスで考える、夏の手元のおしゃれをお送りしようと思います~。

今回は骨格タイプ別の腕と手の特徴に基づく、手元のおしゃれの方向性についてです。

骨格診断と骨格タイプの特徴についてはこちらの記事もどうぞ(^_-)-☆

骨格タイプ別 夏の靴とバッグの選び方と合わせ方 ~入門編~
皆さんこんにちは、Kyokoです。今回からしばらくの間、骨格診断のタイプ(ストールさん/ウェーブさん/ナチュラルさん)別に、夏の靴とバッグの選び方・合わせ方についてお送りしたいと思います。本記事は入門編として、骨格診断...

手元に何かあるとスタイルアップする?

骨格タイプの特徴の前に、まず下の図をご覧ください。

一番左の図形に比べると、黒い四角が乗っている2つは、細くなっている下端に自然と目が行くと思います。

肌色の台形が腕、黒い四角がバングルとしたとき、手首やその先の手指に目線が行くんですね。一方で、目立たせたくない二の腕(図形の上端)は目立たなくなります。バングルなどで手元をマークすると着やせする!といわれているのはこのためです(^^)

次に、真ん中と右側の図形を比べてみてください。

右側の方が、なんだか肌色の台形が短く、太くみえませんか?これは、バングルの幅が広い(黒い四角の高さが高い)ため、肌色の面積をより強く分断しているためです。何もつけていないよりも、腕は詰まったような印象になることが想像できると思います。

何が言いたいかというと、決して太めのバングルが悪いというわけではなく、もともとの骨格(腕の長さや骨の出方)やお肉の質感に応じて、マークの仕方を選ぶ必要がある!ということなんです。

(脚はどこまでも長く見えても困ることはないですが(笑)、むき出しの腕が長く見えすぎてバランスが悪いことはあります)

だから骨格タイプをヒントに手元のおしゃれの方向性を考えることが有効なんです!

骨格タイプと手元のおしゃれの方向性

またおなじみの表を持ってきました!

ストレートさん、ウェーブさん、ナチュラルさんの身体の特徴と、スタイルアップの方向性をまとめたものです。

このうち、今回注目すべきは赤枠部分。腕の質感とその先にある手の特徴です。
また、表内にはないですが、腕の長さもポイントになります。

ここからは骨格タイプ別に少し詳しく解説します。
下のイラストも見ながら、読んでいただけると嬉しいです☆

ストレートさん

腕と手の特徴

ストレートさんは腰位置が高く手も小さいので、身長に対する腕の長さはやや短め。肩は丸く関節も目立たず、筋肉のハリを感じる腕をしています。また、手は小さめで手のひらにはしっかり厚みがあります。

そのため腕から手の全体に、やや詰まった印象があります。

手元のおしゃれの方向性

ストレートさんの手元のおしゃれのテーマは、いかに腕をすっきり長ーく見せるかです。そのためには、太すぎないもので手元をマークするのがおすすめ。

身体の肉感がしっかりしており、上質でクラス感のあるおしゃれが似合うので、腕にぴったりフィットするシンプルなバングル時計がとても似合います。

ジャラジャラと重ね付けするよりは、上質なものを数少なくポンと利かせるほうが、洗練されて見えます✨

ウェーブさん

腕と手の特徴

ウェーブさんは腕の長さは身長それなりです。なで肩の先から腕が始まり、指先に向かってスーッと先細るようなシルエットをしているので、実際よりも長めに見えることも。

肉感は脂肪の柔らかさが中心で、華奢な骨がうっすらとわかるような女性らしい華奢さのある腕をしています。一方、二の腕の後ろ側、いわゆる「振袖」とよばれる部分が気になる人も…

手元のおしゃれの方向性

前述の通り、振袖部分を目立たせないためには、手元のマークが有効です!

ただ、もともと骨が細く華奢なウェーブさんは、あまりゴツイアイテムを合わせると、腕がさらに華奢に見えバランスがとりにくいこともあります。華奢さのあるブレスレットは3タイプのうち最もよく似合うので、同じく華奢なバングルや時計と重ね付けをして、ボリューム感を調整するとよいです(*’▽’)

ナチュラルさん

腕と手の特徴

ナチュラルさんは身長に対し腕自体も長めですが、さらに手も大きく、まっすぐ腕を下ろした時指先が膝にだいぶ近くなります。

腕もあまり肉感的ではなく、肩、ひじ、手首の骨や指の関節が太く存在感があり、手の甲が筋張っている人も。一言でいえばカッコいい腕です。

手元のおしゃれの方向性

もともと長い腕をむき出しにすると、間延びした印象になることもあるため、ぜひとも手元のマークを取り入れたいところ。太めにマークするのもよく似合います。手首にボリュームを出すと、逆に手の大きさが目立たなくなります。

カッコいい腕には、メンズライクなゴツめのバングルや時計、大振りのブレスレットがやっぱりよくなじみます。重ね付けでボリュームを出すのもおすすめです。

一方、華奢なデザインのブレスレット等は逆に腕がゴツくみえます。また、全身を引いてみた時に、全然目立たない~~~なんてことも💦

ここでちょっと参考画像


左は骨格ストレートさんの清水由美子先生。右は骨格ナチュラルさんの私です。

身長もヒールの高さもほぼ同じなのですが、腕の長さが結構違いませんか?
なんか私、ズルズル~~っと長いんですよねぇ。腕が(;・∀・)

背恰好が似ているようでも、骨格は大きく違う。
この差を利用してスタイルアップを目指しましょう~~♪

☆清水先生はパーソナルスタイリストであり、ICBIにて骨格診断を教えてらっしゃいます
(*’▽’)素敵なコーディネートと前向きな言葉でつづられたブログも覗いてみてください☆

引き寄せファッション|愛されてお金持ちになれる服力
「試着室の秘密」の清水由美子/骨格診断®コーチさんのブログです。最近の記事は「起業物語について」です。

***

次回からは、骨格タイプ別の夏の手元のおしゃれについて、似合うアイテムを具体的に紹介しようと思います♪

また遊びに来ていただけると嬉しいです。

ではでは

Kyoko

コメント

タイトルとURLをコピーしました