骨格診断とは

骨格診断とは、身体の「質感」「ラインの特徴」から自分自身の体型を最もきれいに見せてくれるファッションアイテムを引き出すメソッドです。

誰しも自分の身体の短所や苦手なファッションはよくわかっているのに対し、
長所や得意なファッションはなかなか自覚できないもの。

骨格診断は、「筋肉や脂肪のつき方の特徴」「関節の大きさ」の違いを客観的に見極め
あなたの本来の魅力を引き立てるコーディネートやスタイルづくりを実現します。

こんな方におすすめ
  • 自分に似合うファッションやコーディネートがよくわからない方
  • 雑誌のコーディネートをマネしてもしっくりこない方
  • 太っていないけど、なぜか気太りして見えると思う方
  • 年齢を重ねたり、ライフスタイルが変わったりして、おしゃれがわからなくなった方
  • 自分の個性を生かして、あか抜けて見えたい方

ここでは、骨格診断について、わかること、具体的効果、診断方法、
診断結果(ストレート/ウェーブ/ナチュラル)、生活へどう活かせるかをご紹介します。

骨格診断でわかること

ファッションには、色・デザイン・素材の3つの要素があります。
骨格診断では、似合うデザインと素材=あなたに調和するデザインと素材がわかります。

特にデザインについては、シャツの襟の形のような細かなディティールにとどまらず
全身バランスが楽に整うシルエット等、身体全体を素敵に見せるためのデザインがわかります。

骨格診断の具体的な効果

骨格診断によって、3つの具体的な効果が得られます。

スタイルアップ効果

似合うデザインと素材の二つのアプローチにより、
重心バランスを整え手足を長くスタイルアップしてみせる効果が得られます。

洗練効果

デザイン、素材ともに似合う(=調和する)ファッションを身に着けることにより、
洗練され、あか抜けた印象に見える効果があります。

本来の魅力UP効果

各骨格タイプが得意とするファッションアイテムやコーディネートは異なりますが、
似合うものを身に着けることで、その方の魅力や女性らしさが最大限かつ自然に引き出されます

診断方法

目視とボディタッチにより、身体の質感とラインの特徴を把握し、総合的に判断します。

まずは目視で重心バランスを確認します。
上重心か、下重心か、どちらとも言えないのか。また、その理由は何なのかを見ます。

次に骨格の特徴が出やすい箇所をボディタッチし、骨感の強さや筋肉と脂肪のつき方等の身体の特徴をつかんでいきます。
骨格の特徴が出やすい場所には、手首、胸板の厚み、鎖骨、腰のライン、膝の大きさ等があります。

場合によっては、診断の補助としてバッグやアクセサリーを身に着けていただき、
似合うファッションアイテムをイメージします。

3つの骨格タイプの特徴は次ページへ

kyokoをフォローする
Style Clue
タイトルとURLをコピーしました