【2023春夏トレンド】カオスは個性で乗り切れ!脱ビッグシルエットは既定路線?

皆さんこんにちは、Kyokoです。

About me
森崎 景子(もりさき きょうこ)。パーソナルスタイリングサロン Style Clue 代表。パーソナルスタイリスト。

身長167㎝、骨格ナチュラルタイプ、パーソナルカラーサマー。1歳女児の新米ママ。

年が明けたばかりですが、今回から数回に分けて春夏のトレンド考察を行います(^^)/☆

スポンサーリンク

大人もトレンド情報が必要なわけ

今年のパーソナルスタイリングサロンStyle Clueのテーマは、”疲れない大人のおしゃれ”=少ない服でおしゃれを楽しむ方法

そして大人のおしゃれを楽しみたい方こそ、トレンドをいち早くつかむことは必須なんですっ✨

え、トレンドって若い子が追うものでしょ?
大人のおしゃれといえばベーシックじゃないの?

いえいえ、そうでもないんですよ~。

なぜ早めにトレンドをつかむべきかというと、その方が長く服を楽しめるから。
セールで終わりかけのトレンド服を買って、すぐに着られなくなったことはありませんか?あれ、とってももったいないですよね…💦

そして、確かにおとなのおしゃれは長く着られるベーシックがおすすめですが、ずっと更新しなくていいわけでもないんです。
例えばデニムのような定番アイテムも、3年もすればシルエットは変わっています。今季ものはやっぱりトレンドを反映しているので、適量入れ替えるとあか抜けます✨

つまり、
少ない服をうまく循環させて今っぽい印象をつくるには、トレンド情報を早めに知るべし!というわけなのです(^^)/

今回はハイブランドの2023春夏コレクションから、

  • ざっくりとしたトレンドの傾向
  • ”疲れない大人のおしゃれ”を目指すなら、どう取り入れるか?

について、お伝えします✨
最後までぜひお読みください♡

※以下、記事中のコレクション画像は全てFashionsnap.com様よりお借りしました。

2023春夏トレンドざっくり解説

2023年春夏トレンドは何でもあり?

2023春夏のトレンドは、ひとことでいうと取っ散らかっています(笑)
こんなに様々な、年代・テイスト・色が出そろうシーズンもそうないんじゃないかというくらい、何でもありです。

例えば年代だと、昨年からブームのY2K(Year around 2000=2000年前後)のほか、90年代風(グランジ、ダメージデニム)、80年代風(スパンコール、ボディコン、バブルスーツ)もありますし、

テイストはもっと取っ散らかっていて、

キラキラ・ギラギラのセレブパーティ路線もあれば、

ミリタリーやスポーツなどの実用的なワークもあれば、

春らしいフローラルな華やかフェミニン系もあれば、

きりっとクリーンなミニマもあります。

色についても、2021年から人気の強く鮮やかなカラーのトレンドも続いてますが、
米Panton社のColor of the Yearもビバ・マゼンタですしね☺)

その一方で、程よいくすみのパステルカラーも出現していて…
(写真左のピスタチオグリーンは、今シーズンの代表カラーになりそう)

さらには、春夏コレクションには珍しいくらい、モノトーンも目立ってました。

‥‥。
「トレンド」とは…?

そうなんですよ、何が流行っても変じゃない感じです😇

カオスな時代は個性で乗り切ろう!

なぜこんなことになっているのか。

これは、ポストコロナのお出かけムードが一服し、今の世界の様々な課題(戦争、環境破壊、世界的なインフレ、不況…)に対する不安を反映していると考えられます。

つまり、混とんとした時代に対して、色んな方向で装いがリアクションしている…カオスに対するカオス、という感じです😇

ただ、カオスなリアクションも大きく2つに分けられます。

  1. ファッションが楽しかった時代からパワーをもら
    (フリンジやキラキラなどの派手めな装飾、セレブファッション、Y2K、80年代、ビビットカラー等)
  2. 本質的な価値を追求する
    (ミニマルな装飾、サステナブルな素材、ジェンダーレスデザイン、テーラリング(仕立てのいい服)、スポーツミックス、ベーシックカラーやオーガニックカラー等)

あなたは1と2どっちでいくのか、その中でも何を選ぶのか。
何でもありだから個性で決めよう!という感じ😉💕

どうでしょう、少しイメージがわいてきましたか?

当サロンが推している、”疲れない大人のおしゃれ”的には、2.本質的な価値を追求するのほうが都合はいいです。
やはり、シンプルで質の良いものは着回しが効きますし、飽きがこないですので。

でも、それがあなたらしいかはまた別問題♪
1に含まれる様々なテイストにピンとくるものがあれば、ぜひチャレンジしてほしいと思っています😉✨

なにせ何でもありのシーズンですから、あなたらしさも大事に選びましょう♪

ちなみにわたしは2を軸にしますが、ユーティリティ(ミリタリーやワークテイスト)は取り入れるつもり✨仕立てのいいジャケットをワークパンツやスニーカーでカジュアルダウンするような着こなしを妄想中です💕

脱ビッグシルエットは既定路線?

今年のビッグシルエットは、”ゆるだぼ”ではない

さて、こんな何でもありの2023春夏ファッションですが、既定路線と言えることが1つあります。

それは、脱ビッグシルエット

いや、正確にはビッグシルエット自体はまだあるのですが(なにせ何でもありなので)、全身ゆるだぼのリラックス感のあるシルエットはトレンドではなくなっています

例えば、トップスが大きければボトムがタイト&ショートだったり、

ボトムが大きければトップスがタイト&ショートだったり、

トップス・ボトムスともに大きくても、お腹は出ていたり透けていたり

おいおい、まったくリラックスできないYO!!!

という感じ😇

というのも、今年のビッグシルエットはリラックス感ではなく、シルエットのメリハリを楽しむためにあります。そしてメリハリ付けには、タイトなシルエットや肌見せがつきもの。

そして、そもそもシルエットが全体的にタイトになっています。ミニマリズムと相性のいいIラインもトレンドのひとつ。

いや~皆さんどうすですかね?

たしかに安室ちゃんやSPEEDを聞いていたあの頃…
ビジュアル系バンドブームだったあの頃…
エビちゃんOLをやっていたあの頃…

洋服はもっと小さかったですよね?

トレンドは巡るとはよく言ったものですが、服は確実にこれからタイトになります!
ビッグシルエットに慣れきったボディには緊張が走りませんか~😂!?

こんなとき頼りになるのが骨格診断!!!

そんな緊張感漂う2023年春夏トレンドの攻略に頼りになるのが骨格診断です!

骨格診断は、身体の質感やラインの特徴から、体型を最も美しく見せてくれるファッションを導き出すものです。

具体的には、似合う洋服のデザインと素材感がわかります。

デザインにはシルエット、着丈、ディティールなどが含まれます✨
素材「感」には、素材の種類(綿、ウールなど)だけでなく、厚みやハリ感や透け感なども含まれます✨

これらを組み合わせて考えれば、

  • 得意なシルエット、丈
  • 得意な肌見せの場所、方法

がわかるというわけです😇

ちょっと面白そうじゃないですか??

ということで、次回は骨格診断の各タイプ(ストレートさん、ウェーブさん、ナチュラルさん)が、2023年のトレンドシルエットや肌見せを楽しむ方法について、ご提案していきます♪♪

ぜひ楽しみにお待ちください♡

Kyoko

***

そもそも骨格タイプが何かわからない…

という方~!
ぜひサロンで診断を受けてみませんか?

お申込み・お問合せはLINEで承っております。

友だち追加

***

Instagramにて「少ない服であかぬける、疲れない大人のおしゃれ」をテーマに、ファッション&美容情報をお届けしています★
ブログの記事はInstagramで先にご紹介することがあるので、チェックいただけると嬉しいです(^^)/💕

ID: styleclue_kyoko

いいね & フォロー & 保存も大変励みになります♡

友だち追加

***

Instagramにて「少ない服であかぬける、疲れない大人のおしゃれ」をテーマに、ファッション&美容情報をお届けしています★
ブログの記事はInstagramで先にご紹介することがあるので、チェックいただけると嬉しいです(^^)/💕

ID: styleclue_kyoko

いいね & フォロー & 保存も大変励みになります♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました