ファッションはめんどくさい?“つくおき”夏小物で楽をしよう

皆さんこんにちは、Kyokoです。

About me
仕事に家事に忙しい女性達が、毎日ご機嫌にしなやかに過ごせる世の中を目指して、活動中!迷い多きアラサーである自分自身を実験台に、日々、ファッションや美容の情報発信をしています。
ICBI認定 骨格診断アナリスト。身長167㎝、骨格ナチュラルタイプ、パーソナルカラーサマーです
初めての方はこちらもどうぞ♡

前回の記事にて、緊急事態宣言解除~って、やば~なんもしてない!おんも(外)怖い!と無駄に焦っていた私。

心と体の緊急事態は継続?今からでも遅くないWithコロナに向けたウォーミングアップ
皆さんこんにちは、Kyokoです。全国で緊急事態宣言が解除されましたね!「ついに!」「やっと!」と、意気揚々と外に飛び出していく方もいらっしゃれば、「あ、そうなんだ…」と、急に日常が戻ってくることにプレッシャーを感じて...

ですが、結局6月以降もリモートワーク中心となりそうです。
ま、もともとコンサルの仕事はPCとインターネットがあればどこでもできるから、納得ではあるんですが…がっかりしたやら、ほっとしたやら(笑)

でも、今までみたいに外出できないわけでも、お店が空いていないわけでもない!
ヨガ、美容院、友達とのご飯と、週末に色々予定を入れたら6月が楽しみになってきました♡わーい♡

やっぱりね、StayHome期間のストレスの一つは、メリハリがなかったことなんですよね~。外に出て誰かと会わないと、ON・OFFもハレ・ケもなく、おしゃれもイマイチ盛り上がらないし、時間もだらだら使ってしまいがち。

感染対策はしっかりやりながら、少しずつ日常を取り戻していきましょう~~~(^^)/

夏のおしゃれの主役といえば…

さて、外出OKでますます楽しみな夏のおしゃれ。その主役は小物だと思っています。

というのも、夏はコーディネートのアイテムが少ないから、小物がとても目立つんです!もうね、真夏なんて重ね着なんかできるわけないですから。ワンピ1枚だろうが何着てても暑いですし💦

そして重ね着できない分、洋服だけでは印象が変えにくい。だからこそ、小物で味変するんです♪
サンダルやかごバックやサングラスのように夏ならではのアイテムもありますし、選ぶのが楽しいですよね~♡

サンダルでもバッグでも、単品で考えるべからず

問題は選び方。

「わ~かわいい♡」と、ピンときたものを一本釣り!
確かに楽しいですが、ちょっとリスキーかも。

というのも、前述の通り夏のコーデは小物がとっても目立つので、小物のテイストがコーデと合っていないときは、ちぐはぐ感がより目立つことに。

あと、夏服は素材が綿や麻が中心となるため、どうしてもカジュアルな印象です。大人の場合、カジュアルな洋服にカジュアルな小物を合わせすぎると「部屋着ですか?」的な、カジュアル過ぎコーデになってしまう危険性もあります。

逆に言えば、小物が洋服とキレイにマッチしていたり、ちょうどよく外したりできるだけで、簡単におしゃれなコーデができちゃうわけです♪

夏の小物は“つくおき”がおすすめ!

「でもさ~、毎回洋服と小物が合ってるだの、外してるだの、考えるのめんどくさいよ~」という方。

お仲間ですね…!そう、めんどくさいんですよ!
ファッションブログなんてやってる人間が言うべきか迷ったんですが、正直めんどくさいですよ!!
特に夏なんて、暑いんだから、着替えるだけでめんどくさいんですよ!!!(大事なことなので3回言った)

だから夏の小物は、”つくおき(つくりおき)”しちゃいましょう!
つまり、最初っからこのサンダルにはこのバッグにこのアクセ、って組み合わせを決めちゃうんです。

例えば、私の手持ちのアイテムではこんな”つくおき”ができました。
靴とバッグはこのまま合わせるけれど、小物は洋服に合わせて足し引きする感じです。

黒のカジュアルセット

茶のカジュアルセット

白のきれいめセット

”つくおき”のポイントは「色」と「テイスト」

つくおきのポイントは、「色」と「テイスト」を揃えること。
特に靴とバックはしっかり揃えましょう。

色は同色~同系色に揃える

「全身で3色以内に収まるとおしゃれに見える」って、聞いたことありませんか?
いろんな色を使っても、全身で3色以内ならコーデがうまいことまとまるんです。

小物が同色~同系色に収まっていれば、洋服で2色使えます。トップスとボトムスに何色を持ってきてもいいので、洋服の組み合わせがとても簡単になりますよ(^_-)-☆
(柄物の靴やバッグを使う場合は、ほかのアイテムの色を、柄の中から色を拾って合わせると、厳密には3色を超えていても、まとまって見えます)

この3色以内の法則、おしゃれなだけでなく大人っぽく見えるので、夏コーデがカジュアル過ぎちゃう、という方にも便利。
下のコーデも3色以内の例です。

ちなみに私はアクセサリーや、バッグ・ベルトの金具の色を揃えることにはあまりこだわっていません(そこまでやるとめんd…)。全身をみてうるさいかな~、と思ったらアクセを減らしたり、ゴールドかシルバーに統一して引き算するようにしています。

テイストはカジュアル⇔キレイ目、甘口⇔辛口で見極める

更に、小物のテイストを揃えることで、どういう印象を与えたいのかというコーデの方向性が明確になります。

小物のテイストの見極め方ですが、カジュアル⇔きれいめ甘口⇔辛口の2軸で分析するとよいと思います。例えば、上の3セットで使ったサンダルとバックはこんな感じに位置します。

組み合わせを確認すると、実は3セットは上下(きれいめorカジュアル)のどちらかに寄っていて、斜めのセットはないことがわかります。

これ、バックと靴が斜めに位置するセットが絶対NGってわけでは決してないんです。むしろ合わせ方によっては、とっても素敵になると思います。

でも、めんどくさい度は確実に上がります(笑)
なぜなら、小物のテイストが離れている(MIX)と、洋服との調和を計算しなければいけなくなっちゃうから。

特に洋服のテイストがMIXのときに、小物のテイストもMIXだと、トータルバランスを考えなければならず、よりめんd…(;・∀・)

せっかく”つくおき” するなら、そのまま使えるセットが楽チンでおすすめです♪

これだけあれば、相当味変できる

とりあえずこんな”つくおき”セットがあれば、洋服が同じでも相当味変できます。

例えばワンピース。3つのコーデの印象は相当違いませんか?
※髪型とメイクも全く同じです。

コットンブラウス×デニムのシンプルコーデも、テイストを変えて楽しむことができます。

***

いかがでしたでしょうか。

ファッションは楽しいけど、めんどくさいもの。
実は常々思っています。

おんなじ感覚をお持ちの、忙しいあなた♡
つくおき夏小物、ぜひ試してみてくださいね~

ではでは

Kyoko

コメント

タイトルとURLをコピーしました