【骨格診断でスタイルアップ】楽~に素敵に見えるお似合いシルエットのつくり方 ウェーブさん編

皆さんこんにちは、Kyokoです。

About me
仕事に家事に忙しい女性達が、毎日ご機嫌にしなやかに過ごせる世の中を目指して、活動中!迷い多きアラサーである自分自身を実験台に、日々、ファッションや美容の情報発信をしています。
ICBI認定 骨格診断アナリスト。身長167㎝、骨格ナチュラルタイプ、パーソナルカラーサマーです
初めての方はこちらもどうぞ♡

今年の夏はほんとに猛暑、酷暑(;´Д`)
薄着の季節は着やせやスタイルアップも気になります💦
また、重ね着やアウター類が増える秋冬は、いろんなシルエットのコーディネートを楽しめる季節!

といことで、前々回から骨格タイプ別に楽~に素敵に見えるお似合いシルエットをご紹介しています☆

今回は骨格ウェーブさんについてお送りします!

コーディネートのシルエットって何だっけ?という方は先にこちらの記事をご覧ください(^_-)-☆

【骨格診断でスタイルアップ】楽~に素敵に見えるお似合いシルエットのつくり方
皆さんこんにちは、Kyokoです。久しぶりに骨格診断のテーマをお送りします。今回は、スタイルアップの要であるシルエットについて!ストレートさん、ウェーブさん、ナチュラルさんが、楽~に素敵に見えるお似合いシルエットをご紹...

骨格ストレートさん、ナチュラルさんのお似合いシルエットが気になる方はこちらをどうぞ(^_-)-☆

【骨格診断でスタイルアップ】楽~に素敵に見えるお似合いシルエットのつくり方 ストレートさん編
皆さんこんにちは、Kyokoです。まだまだ猛暑日が続いていますが、お店にはだんだんと秋物が並び始めていますね!重ね着やアウター類が増える秋冬は、いろんなシルエットのコーディネートを楽しめる季節!秋に向けて楽~に素敵に見...
【骨格診断でスタイルアップ】楽~に素敵に見えるお似合いシルエットのつくり方 ナチュラルさん編
皆さんこんにちは、Kyokoです。前々回より、骨格タイプ別のお似合いシルエットをご紹介しています。今回は最終回、ナチュラルさん編です~。コーディネートのシルエットって何だっけ?という方は先にこちらの記事をご覧く...

ウェーブさんのスタイルアップの方向性

骨格ウェーブさんの特徴は、華奢な骨柔らかな身体の質感そしてカービーラインが織りなす、女性らしさ
ウエストが細く、腰回りが横に広がっている安産体型の方が多いです。

スタイルアップのためには、こうしたボディラインの美しさを見せることと、重心を上げること。華奢な上半身や顔回りに装飾を持たせると、より華やかな印象に♡

ウェーブさんのお似合いシルエット

シルエットの要件に照らし合わせると…

前回の記事にてお伝えした通り、洋服のシルエットは、

(1) 上半身×下半身のボリューム感
(2) ウエストマークの有無

の、2点の組み合わせで決まります。

ウェーブさんのカービーラインを見せるため、(1)は小×小 か、小×大がベスト。
華奢な上半身を見せることで、全身が華奢見えします。

また、重心を上げるため(2)のウエストマークは積極的に取り入れましょう。ジャストウエスト~ハイウエストがおすすめです。

お似合いシルエット一覧

ウェーブさんが楽~に素敵に見えるお似合いシルエットをピンク色でハイライトしてみました。

⑤⑥が該当しないのは、せっかく華奢な上半身をゆったり覆い隠し、逆に比較的ボリュームがある下半身をあらわにするものだから。(ストレートさんとは逆の関係ですね)

Yラインシルエット自体は、上半身にボリュームがあるため重心が上がりやすいのですが、ウェーブさんの場合、上記の理由で着やせにはつながりにくいです。

また、⑦⑧が該当しないのは、華奢な体に対し洋服のボリュームがありすぎて、服に着られているように見えやすいためです。特に⑧ボリュームシルエットはウエストマークもなく難易度が高いです。

もちろん、配色や小物使い等、コーディネートの工夫でこれらのシルエットもいくらでも楽しめますが、今回は「楽~に素敵に見える」がテーマなので、あえて外させていただきました。

その辺の工夫の仕方も、今後おいおい取り上げていきたいです(^^♪

お似合いシルエット図解

①タイトIライン、②Iライン/ストレート

言葉だけではわかりにくいので、イラストで図解しますね。

まずはIラインシルエットについて。

①タイトIラインシルエットは、上下ともにジャストサイズで、ウエストマークするシルエット。
全体が細長く服で覆われるので、背が高くすらっと細く見え、また女性らしさも演出できます。

ウェーブさんは、バストトップが低く胸から腰までが長いため、ウエストマークはジャスト~ハイウエストがおすすめ。ハイウエストのボトムがよく似合います。

また、ベルトを使ったウエストマークもきれいにきまりやすく、細身の方ならば太目のサッシュベルトなども使えると思います。ビスチェ等の重ね着もおすすめ(^^♪

②のIラインシルエットは、上下ともジャストサイズでウエストマークをしないシルエット。こちらも背が高くすらっと細く見えます。

ウエストマークしないため、よりベーシックかつきれいめな印象です。
より重心を上げたいときには、ジャストウエストの短めのトップスをアウトするか、長めのトップスの場合もボトムに前だけインする着こなしがよいでしょう。

③タイトAライン、④Aライン

個人的に、⑤タイトAラインはウェーブさんの骨格の美しさを最も強調するシルエットだと思います。

なぜなら、第一にウェーブさんのくびれを一番きれいに見せてくれるから。さらにウエストマークもするので重心を高く、脚を長く見せてくれるといいことづくめ(*^▽^*)!

実はAラインは、ボトムのボリュームが大きく、しかも裾に向かって広がるため、重心は下がり、背が低く見えるという特徴があります。それが女性らしい華奢なビジュアルを作ってくれるわけですが、背を高く、脚を長く見せたい!という思いとは相反してしまうのです。

そこで、ウエストマークの出番☆
ウエストが最もくびれているところやその少し上でマークすると、重心UPができますよ。

⑥は⑤に比較してよりカジュアルな印象を与えるシルエットです。
今年たくさん出ていたテントシルエットのワンピース等が当てはまります。上半身が華奢だからこそ、マタニティワンピースに見える心配もありません(^^)/

一点気を付けるべきはボトムのボリューム感。長すぎたり広がりすぎたりすると、やっぱり重心が下がってくるので、スカート・パンツともにふくらはぎが隠れるくらいのミモレ丈まで大きく広がりすぎないものがおすすめです(^^)

2020-21AWコレクションで探すお似合いシルエット

せっかくなので、2020-21AWコレクションから、これらのシルエットに該当するルックを探してみました。

①タイトIライン、②Iライン/ストレート

①タイトIラインはCHANELのこちらのルック。

画像はVOGUEよりお借りしました / CHANEL 2020-21AWプレタポルテ

ジュエルがまばゆいチェーンベルトでジャストウエストをマークし、重心を上げています。
白く大きめの襟も、目線を上にあげるのに一役買っています(^^)

もっと重心を上げるなら、足元はヒールパンプスで軽めにしてもよさそう。

②IラインはCELINEのこちらのルック。

画像はVOGUEよりお借りしました / CHANEL 2020-21AWプレタポルテ

テーラードジャケットと膝上キュロットの組み合わせで、上下のボリューム感が同じくらいのIラインシルエットとなっています。

ほかのアイテムがダークな色の中、トップスの白が目立ちますね~。こんな風に配色で重心アップすることも可能です。

ボウタイブラウスは上半身に華やかな装飾を加えるウェーブさんのお得意アイテム。今季、こんな風にトラッドなアイテムと組み合わせるルックも多くありましたよ。

③タイトAライン、④Aライン

⑤タイトAラインはFENDIのこちらのルック。

画像はVOGUEよりお借りしました / FENDI2020-21AWプレタポルテ

襟付きのブラウスにジャンバースカートを重ねたようなデザインですが、おそらくワンピースですね。やや高めの位置の幅広い切り替えでしっかりウエストをマークして、重心アップを叶えています。

Aラインは足元まで淡いピンクベージュのワントーンでまとまっており、配色の効果で背がすらっと高く見えます。

⑥AラインはANA SUIのフレアワンピースのルック。

画像はVOGUEよりお借りしました / ANA SUI2020-21AWプレタポルテ

風にふわっとなびく裾がエレガントですてきですね。

ウエストを全くマークしていないシルエットですが、素材の軽さ・柔らかさや、短めの丈によって、バランスよく着こなせると思います。

デイリーで取り入れるなら、ショートジャケットやウエストまでのカーディガンなど、コンパクトなアウターとの重ね着がいいかも!

***

以上、ウェーブさんの骨格を活かして、楽~に素敵に見えるシルエットについてご紹介しました!

華奢なカービィボディは、上半身をコンパクトに、重心アップする工夫がおすすめ。
華やか、軽やかをキーワードに、コーディネートをぜひ楽しんでみてくださいね☆

次回はナチュラルさん編をお送りします!

ではでは

Kyoko

コメント

タイトルとURLをコピーしました