【骨格診断でスタイルアップ】楽~に素敵に見えるお似合いシルエットのつくり方 ナチュラルさん編

皆さんこんにちは、Kyokoです。

About me
仕事に家事に忙しい女性達が、毎日ご機嫌にしなやかに過ごせる世の中を目指して、活動中!迷い多きアラサーである自分自身を実験台に、日々、ファッションや美容の情報発信をしています。
ICBI認定 骨格診断アナリスト。身長167㎝、骨格ナチュラルタイプ、パーソナルカラーサマーです
初めての方はこちらもどうぞ♡

前々回より、骨格タイプ別のお似合いシルエットをご紹介しています。

今回は最終回、ナチュラルさん編です~。

コーディネートのシルエットって何だっけ?という方は先にこちらの記事をご覧ください(^_-)-☆

【骨格診断でスタイルアップ】楽~に素敵に見えるお似合いシルエットのつくり方
皆さんこんにちは、Kyokoです。久しぶりに骨格診断のテーマをお送りします。今回は、スタイルアップの要であるシルエットについて!ストレートさん、ウェーブさん、ナチュラルさんが、楽~に素敵に見えるお似合いシルエットをご紹...

ストレートさん編、ウェーブさん編を先に見たい方はこちらをご覧ください(^_-)-☆

【骨格診断でスタイルアップ】楽~に素敵に見えるお似合いシルエットのつくり方 ストレートさん編
皆さんこんにちは、Kyokoです。まだまだ猛暑日が続いていますが、お店にはだんだんと秋物が並び始めていますね!重ね着やアウター類が増える秋冬は、いろんなシルエットのコーディネートを楽しめる季節!秋に向けて楽~に素敵に見...
【骨格診断でスタイルアップ】楽~に素敵に見えるお似合いシルエットのつくり方 ウェーブさん編
皆さんこんにちは、Kyokoです。今年の夏はほんとに猛暑、酷暑(;´Д`)薄着の季節は着やせやスタイルアップも気になります💦また、重ね着やアウター類が増える秋冬は、いろんなシルエットのコーディネートを楽しめる季...

ナチュラルさんのスタイルアップの方向性

ナチュラルさんの特徴は、なんといっても立派な骨格!布をたくさん使ったボリューム感のある服でも、服に着られることがないという良さがあります(^^)
また、肉感よりも骨感が目立つので、着やせしやすいという特徴もがあります。

スタイルアップの方向性は、タイトなフィット感のもの、短めの丈など、コンパクトな洋服を避け、肌見せは控え目にすること。洋服がコンパクトになるほど、骨格の立派さや大き目の手足が悪目立ちしてしまうためです。

ナチュラルさんのお似合いシルエット

シルエットの要件に照らし合わせると…

以前の記事にてお伝えした通り、洋服のシルエットは、

(1) 上半身×下半身のボリューム感
(2) ウエストマークの有無

の、2点の組み合わせで決まります。

(1)については、ナチュラルさんは、最低でも上下のどちらかはボリュームのある小×大、大×小、大×大がお似合い。

重心が下にあってもバランスがとりやすいため、(2)のウエストマークをする場合も、ややローウエスト~ジャストウエストがおすすめです(^^)

お似合いシルエット一覧

ナチュラルさんが楽~に素敵に見えるお似合いシルエットを緑色でハイライトしてみました。

実はナチュラルさんは他のタイプではおすすめしなかった大×大のシルエットもお似合いなんです!露出が苦手な反面、洋服でいろんなシルエットが楽しめます

ナチュラルさんの私も、これがナチュラルさんのおしゃれの醍醐味だな~って思っています(*^▽^*)

①②が当てはまらないのは、上下ともコンパクトなシルエットだから。特に①のウエストマークもするタイトなIラインシルエットは、肩幅や腰骨がより大きく見えたり、手足の大きさが目立ったりしがちです。

もちろん、配色や小物使い等、コーディネートの工夫でこれらのシルエットもいくらでも楽しめますが、今回は「楽~に素敵に見える」がテーマなので、あえて外させていただきました。

その辺の工夫の仕方も、今後おいおい取り上げていきたいです(^^♪

お似合いシルエット図解

言葉だけではわかりにくいので、イラストで図解しますね。

③タイトAライン、④Aライン

まずは小×大のシルエット。

ボトムのボリュームが大きく、しかも裾に向かって広がるため、重心は下がり、背が低く見えるという特徴があります。しかし、肩幅、腰幅がしっかりあるナチュラルさんは、重心が下がったほうが全身バランスが整いやすく、お似合いのシルエットです。

ウエストマークをする③の場合も、ややローウエスト~ジャストウエストがお似合い。ウェーブさんのようにウエストの一番細いところを強調して目線を上げるのではなく、腰履きのボトムにトップスをインするくらいで十分です。

③で一点注意すべきは、ボトムの腰回りのタイトさ。人によっては腰骨がスカートにあたり、ラインがキレイに出ないことがあります。ウエストから腰にかけてふわっと広がる、タック入りワイドパンツやギャザースカートだと安心です。

ウエストマークをしない④はより重心が下がりやすくなりますが、フルレングスやマキシ丈思いっきり裾が広がるようなドラマティックなものも着こなせてしまいます(*^▽^*)

⑤タイトYライン、⑥Yラインシルエット

続いて大×小のシルエット。

上半身にボリュームがあるため重心が上がりやすく、上半身が逆三角形に近づくので男性的なマニッシュさを加えることができるシルエットです。

ナチュラルさんの中でも肩幅やいかり肩が気になる方は、ボリュームトップスでゆったり隠してしまうのも手です。パフスリーブの長袖ブラウスやボリュームニットなど、特に秋冬に有効なスタイルアップ策ですね。

ウエストマークをする⑤は、③タイトAラインシルエットと同じく、ややローウエスト~ジャストウエストがお似合い。逆に、ハイウエストでマークすると、肩との距離が短くなりかえって肩幅が目立つので注意です。

ウエストマークをしない⑥は、トップスは長め丈でもOK!これも低め重心でバランスが整う、ナチュラルさんならではですね。

ちなみに、③④⑤⑥とも、「小」は「大」に比較してボリューム感が少なくなっていればOKです。骨感が目立つピタピタなもの、つんつるてんな印象になるミニ丈はなるべく避けましょう。

⑦Xライン、⑧ボリュームシルエット

さあ、やってきました大×大シルエット!

ウエストマークをする⑤は、③と同じく女性らしいエレガントさがある一方、上半身にもボリューム感があり迫力も出ます。パンチの効いた女らしさ、とでも言いましょうか。モード感ときちんと感をどっちも強調するようなスタイルです。

ウエストマークをしない⑥は、いわゆるずるずるコーデ。ボリュームニット×ワイドパンツのようなコーデです。今度はモードさにカジュアル感が加わったような印象になります。

重心が一番下がって見えるので、個人的には、ナチュラルさんの中でも背が高い方が特に似合うと思います(^_-)-☆

2020-21AWコレクションで探すお似合いシルエット

せっかくなので、2020-21AWコレクションから、これらのシルエットに該当するルックを探してみました。

③タイトAライン、④Aライン

③タイトAラインはFENDIのこちら。

画像はVOGUEよりお借りしました / SAINT LAURENT 2020-21AWプレタポルテ

腰の上くらいのローウエストをマークしており、そこからギャザースカートがふわっと広がっている重心低めのAラインがナチュラルさんの身体をキレイに見せてくれそう(^^)

④AラインはLEMAIREのコートスタイル。

画像はVOGUEよりお借りしました / LEMAIRE 2020-21AWプレタポルテ

くぁっこいい~~~♡
ボリュームのある袖と身頃がくっついたような面白いデザインのコート。輪郭をたどるときれいにAの字が出来上がりそうですね。足元もブロックヒールの乗馬ブーツで重心を下げています。

⑤タイトYライン、⑥Yライン

⑤タイトYラインはFENDIのこちらのルック。

画像はVOGUEよりお借りしました / FENDI 2020-21AWプレタポルテ

ボリューム満点のコートを細いベルトできゅっとマークしています。
上半身、とくに袖のボリューム感がすさまじい(笑)

デイリークローズとしてはもう少し抑えめの袖のものがZARAあたりからでないかな~

⑥YラインはDOLCE&GABBANAのニットアップ。

画像はVOGUEよりお借りしました / DOLCE&GABBANA 2020-21AWプレタポルテ

大きめのニットカーでに同じニットのロングスカートを合わせています。
ラインはしゅっとマニッシュなんですけど、素材やデザインはフェミニンというミックスっぷりがおしゃれ♡

⑦Xライン、⑧ボリュームシルエット

⑦XラインはLEMAIREのコートスタイル。

画像はVOGUEよりお借りしました / LEMAIRE 2020-21AWプレタポルテ

ボリュームも長さもたっぷりの袖のコートを、きゅっとベルトを閉めて着こなしています。
このコート、多分ベルトをほどけば⑥のシルエットとして楽しめるかも☆

⑧ボリュームシルエットはbeautiful peopleのこちら。

画像はVOGUEよりお借りしました / beautiful people 2020-21AWプレタポルテ

トップスもふんわり長く、ボトムもズルズル長く、フラットなスニーカーに、特大バッグ!
全てのアイテムがボリュームMAXで重心を下げにきていますね(笑)

しかし、すごいな、このバッグは…( ゚Д゚)

***

以上、ナチュラルさんの骨格を活かして、楽~に素敵に見えるシルエットについてご紹介しました!

ナチュラルさんといえばとりあえずカジュアルのイメージが強いかもしれませんが、ボリューム感があるシルエットであればよく、実はいろんなテイストの洋服が着られる!んですね。

最後までお読みくださりありがとうございました。
今後は秋のトレンドアイテムについて、骨格タイプ別のおすすめをご紹介していければと思いますので、また遊びに来ていただけると嬉しいです(*^▽^*)

ではでは

Kyoko

コメント

タイトルとURLをコピーしました